BIOSを更新したらアクティベートが(再)要求された

BTOや既成のPCにて、PCではなくマザーボードのメーカーからBIOSをダウンロードし
更新を適用した場合に、アクティベートが(再)要求されることがあります。
BIOSの更新によってマザーボードに書き込まれたライセンス情報が消去されるのが原因です。
 
この場合、PCにインストールされているOSはOEM版ですので、筐体にプロダクトキーが書かれたシール(COA)が貼られてあるかと思います。
そのため、再アクティベートの際にそのプロダクトキーを使用すればアクティベートが通るはずです。
OSのリカバリもしくはクリーンインストール後も同様の方法が使えます。
 
なお、BIOS更新前と、再アクティベート後ではライセンスの状態が厳密には異なるようです。

Windows 10 Creators Update不具合メモ

2017/05/26の累積更新プログラム (KB4020102) を適用した時点での不具合
自分で気づいた不具合のみを記載

Windows 10 Fall Creators Updateで気になったことメモ

2017/10/18の累積更新プログラム (KB4043961) を適用した時点で気になったこと